アレっ子ひき算育児

アトピー・アレルギーっ子ひき算できる!育児♡

乳児湿疹へ〜脱外用薬

たくさんの方がお越しいただいています。

ありがとうございます。
 
誤解があるといけないので書いておくと、
様々な情報の中で私が選んで、息子に合わせながら試していることで
全ての方が同じような結果になるとは限りませんし、
少し極端なところもありますが、様々な対応がある中の一例として
参考にしていただければと思います。
 
急に突き動かされるようにブログを作りました。
やれと何かに言われるように。
 
つたない説明でわかりにくいかもしれませんが、
それでも、少しでも書いていけたら良いなぁと思います。
 
前回とかぶる内容かもしれませんが、さらに踏み込んで書いてみます。

 

2か月から脂漏性乳児湿疹ができはじめ、保湿や洗浄など、
対策すればするほど悪化する息子。
布団で寝てくれなくて、掻きまくるので
両親や夫と代わる代わる抱っこして寝かせていました。
両親の強い勧めで皮膚科を受診しました。
 
ステロイドはできれば塗らないほうが良いと以前から聞いていたので、
塗りたくなかったのですが、藁をもすがる気持ちで
処方されたステロイドを塗布しました。
朝昼晩と隙間なく塗るように言われて、塗ればツルツルになりましたが、
次第に効かなくなり、徐々に強いものを処方されるようになっていきました。
 
もちろん、ひどい時に強いもので抑え、少しずつ弱くしていき、
治っておられる方もいます。
しかし私には、塗ったあとの不自然なツルピカさ加減と
隙間なく朝昼晩塗ることに違和感を感じ、
皮膚科で「ステロイドは塗りたくないです」と伝えてみると、
「塗らないなら診察できません」と言われ、
他の皮膚科や小児科にも行ってみましたが、
どこも似たような指導と処方でした。
 
ますます違和感と不信が募ってしまいました。
漢方の医院に行ってみたりもしましたが、
漢方も乳児には辛そうで、おまけに高額な薬代で断念することに。
 
当時mixiで「脱ステロイド・脱保湿」という考え方で
診察されているお医者さんに受診されている方を見つけました。
くまなく日記を読ませて頂くと、一時期悪化するものの、
成長とともにきれいに改善されていました。
お医者さんは大阪府松原市にある阪南中央病院の佐藤先生です。
 
既に自発的にステロイドをやめていましたが、
頭から顔までかさぶたになっていて、不安が募っていたので
医師に診てもらいながら、というのは安心できました。
 

外用薬の除去をはじめ、

わごまやさしい(=海藻、ごま、野菜、椎茸)の和食中心の食事

脱風呂(ひどい時期はお風呂に入らず、入っても1分又はシャワー)
掻かせる。親は掻いているところをじろじろ見ない。
などを実践しました。
それから、この頃は処方された抗ヒスタミン剤の粉末も飲んでいました。
 (佐藤先生のお考えは前回に載せた本に詳しく載っています。)
 

しばらくは、じくじくで掻いて掻いてしていましたが、

次第に乾いていき、8ヶ月頃にはほぼきれいになりました。

f:id:miyuki_rav:20150909035723j:plain

外用薬を一切やめて気づくことは、

人の体には自然治癒力があるという大前提です。

ステロイドを塗ったり保湿したりすると

自然な皮膚の治ろうとする力や、

自ら潤おうとする力を奪ってしまいまうのです。

 

今になって思うのは、かゆいというのは

何かを出そうとしているということで

湿疹はすべて外に排出するためのものだったなということ。

 

今は、病気は治さなければならない悪であるという考えから

身体が治ろうとして要らないものを出している

排出であると考えるようになりました。

 

次回は食事のことを書いていけたらと思います。